コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

考え方はシンプルに

考え方をシンプルにすることによって、仕事の効率を飛躍的に向上させることができます。

難しく考えないコツ

まず、仕事を1つの大きな塊として見てしまうと、圧倒されて思考が複雑になるため、仕事を細分化し、個々の仕事に対して完成させる方法や期限を決めていきます。また、「わからなければ聞く」というシンプルな考え方も必要です。専門的なことを何時間もかけて自分で調査するよりも、身近にいるその分野に精通した人に聞く方が時間の節約になり、自分が必要としている、より具体的で実際的な情報を得ることができます。また、シンプルに考えるには、絶えず目標を意識することも重要です。目標を意識していれば、膨大な情報があっても、目標の達成に必要な情報だけを抽出するようになるので、思考をシンプルにすることができます。たとえば、車を運転するという目標を達成するには、発進する時にはアクセル、停止するにはブレーキ、方向転換にはハンドルを使用する等のいくつかの基本的な知識があれば十分です。車を構成している2~3万個のすべての部品に関する知識が必要だと考える人はいません。仮にそれらの部品の調子のことをいつも考えながら運転しているとしたら疲れ切ってしまうでしょう。同様に、目標達成に不必要な情報は思考を複雑にし、仕事の効率を低下させます。目標を絶えず意識して思考をシンプルにすることが重要です。

シンプル思考を強化するには

物事を複雑に考える傾向がある人にとって、シンプルな思考を構築するというのは容易なことではありません。それで、シンプル思考を強化するには、「目標達成のために今しなければならないことは何か」「目標達成のためになすべき重要なことは何か」のような質問を定期的に自分に行い、思考のトレーニングする必要があります。また、目標や改善点などを書き出して自分の思考を視覚化し分析するのも効果的です。膨大な情報が飛び交い、人の思考が複雑になりがちな現代社会において効率的に仕事をこなすには、シンプルな思考の構築は非常に重要です。